食洗機の交換

人間も物も歳を取るとガタが来る。しかし歳を取ると良いこともある。人間は経験を積んで少々のことでは動じなくなくなるし、人にたまには良いアドバイスをできるかもしれない。物も歳をとるとビンテージやアンティークになることがある。ちなみに100年以上経った物はアンティーク、30年以上100年未満はビンテージだそうだ。

私の家にあるオーディオ機器でさすがにアンティークは無いがいくつかビンテージはある。しかし白物家電などでビンテージはなかなか難しい。学生の頃から使っているZライトはビンテージだがその他にあるか思いつかない。

さて我が家の食洗機はビンテージになるまで10年残して壊れてしまった。予想外の出費で予算も無く大変困るがしかたなく新しい食洗機を購入することにした。

調べてみると現在は引き出し型の食洗機がほとんどで使い慣れた前開き式はほとんど皆無。かろうじてハーマンから1機種のみ販売されている。引き出し型は文字通り引出しに食器を入れて洗う。前開き方は扉が手前に倒れると中に二階建てのカゴがある。前開き型のほうが一度に洗える食器の量が多い。何故この方式が廃れてしまったか?不思議だ、、、

業者にお願いすると高いので自分で取り替えることにした。本日は現行機の撤去。床に水が垂れていたり、水受けにかなり水が溜まっていてその処理に苦労した。

下は取り外す前 CIMG6562

 

20年近くご苦労さまでした。さすがに取り外した後にはいろんなゴミやホコリがあり大変だった。CIMG6568

明日、新しい食洗機が届く予定

http://www.harman.co.jp/products/dishwasher/fb4504p.html

図面を見る限り給排水の位置と使用するパイプは互換性がある。取説や工事マニュアルを読むと今まで使っていた別ブランドの食洗機もハーマンからのOEMだったと推測できる。それなら安心して使える。

今回もP社とハーマンのWebから工事マニュアルをダウンロードして交換の可否を判断した。旧機種であってもマニュアル掲載しているのは本当に助かる。一昔前なら業者に頼んで見せてもうらうなど大変だった。

私も全ての情報をWebに掲載しお客様の利便に勤めようと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree