プリアンプの評価

スピーカー切替器のプリアンプ SSP-01の音質評価を行い製品情報\製品概要のページに掲載しました。もちろん製品開発時にはプリアンプの評価を行い使用するデバイスや回路定数の決定を行いました。その音質には自信を持っていますが仕様を見ただけでは伝わらないと思います。

また製品価格がプリアンプと切替器の合計で100,000円(税抜)なのでプリアンプのクオリティが低いと懸念される方がいらっしゃると思います。私でも価格5万円程度のアンプでちゃんとした音が出るか疑心暗鬼になります。

そこでプリアンプの音質評価のレポートを掲載しました。手持ちのプリアンプとSSP-01を切り替えながら比較を行ったのでそれぞれのアンプと比べて音がどうなのかが的確に判断できると思います。比較するプリアンプは半導体および真空管のものを複数使用したのでSSP-01の音のイメージが掴めるのではないかと思います。

またSSP-01をゲイン調整ユニットとして使用した場合の評価結果も載せました。評価結果は「音質の変化を聞き取ることができない」という素っ気無いもので恐縮ですが、、、

しかしオーディオ機器は評価結果をいくら文章で読んでも実際に音を聞いてみないとわからないものです。そこでご希望の方に評価機をお貸して使い勝手や音質を体験していただこうと思います。

ご希望の方は”問合せフォーム”からご連絡ください。お貸し出しの条件などを連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree