Cirus LogicがWolfsonを買収

Cirus Logic社がWolfson社を買収。

以下はCirus Logocのプレスリリースの抜粋である。Cirusが278万ポンド(約470億円)でWolfsonを買収を発表した。

AUSTIN, Texas & EDINGBURGH, Scotland–(BUSINESS WIRE)– Cirrus Logic, Inc. (NASDAQ : CRUS) and Wolfson Microelectronics plc (LSE : WLF or WLF.L) today announced the terms of a recommended transaction under which Cirrus Logic would acquire Wolfson at a price of £2.35 per share in cash, implying an enterprise value of £278 million, or approximately $467 million. The transaction, if approved, is expected to strengthen Cirrus Logic’s ability to expand its customer base with highly differentiated, end-to-end audio solutions for portable audio applications. The transaction will be financed by a combination of existing cash on Cirrus Logic’s balance sheet and $225 million in debt funding.

Wolfsonはディジタルオーディオ用のCodeecなどで有名なメーカーでありTI、ESS、AKMなどと並んで多くのシェアを持っている。

Cirus社はDAI(Digital Audio Interface)やSRC(Sample Rate Converter)などでは良く見るがDACはあまり見かけない。そういう意味でハイエンドオーディオの世界ではうまく補完関係が築けるのではないか。

しかしハイエンドオーディオ向け製品の売上比率は低いので今回の買収の大きな目的はスマートフォン、携帯電話および携帯オーディオプレイヤーなどモバイル市場向けのcodecでの売上増が主な目的であろう。そしてWolfsonはMEMSマイクなどの技術を持っているのでこれもCirusから見れば大きな魅力だと思う。

CirusはかつてCrystal SemiconductorというオーディオCodecの会社を買収してPC向けビデオICのメーカーからオーディオのメーカーに脱皮した。PCのビデオはチップセットに取り込まれてしまい生き残っているのはnVIDIAのような独自の技術に磨きをかけた会社のみだ。そういう意味ではCirusの転進は今のところ功を奏していると思う。

かつてのCrystal Semiconductorのブランドを今は目にしない。WolfsonはオーディオではBig BrandなのでWolfsonの名前は残すだろう。しかし5年後はどうか?是非残って欲しいものだ。

Fabを持たないWolfsonの資産はエンジニアの能力である。買収金額の470億円は微妙であるが妥当な金額であると思う。Cirusが敬意を持ってWolfsonを遇してくれるようにと思う。

と言うのも私はかつてスコットランドに駐在していたことがある。エジンバラ市街に住んでいた頃、会社に通勤するときいつもWolfson社の前を通っていた。その社屋を見ながらWolfsonだ!と思っていた。

また私が勤務していた会社は半導体メーカーであったがWolfsonとは競合しないのでアライアンスのための会議を持ったことがある。

当時のCEOの前のキャリアはIntelのVPだったと記憶している。そのCEOも2年程度で去って行った。Wolfsonは積極的に外部から人材を導入して活性化を図っていた。(日本の企業と大違い!)何がいけなかったのだろか?

スコットランド政府は約20年ほど前は半導体関係の企業を誘致し優遇した。しかし10年ほど前からは政府の優遇政策を転換しバイオ関係に予算を振り替えた。そんなことがnativeでありながらWolfsonに苦境を強いた遠因になったかもしれない。

WolfsonのCTOは私と同じオーディオマニアだった。彼とは色々話しをしたしエジンバラの面白いオーディオショップを教えてもらった。今日WolfsonのWebを見たがCTOの欄に彼の名前は無かった、、

Wolfsonにはものすごく親近感を覚えるので今回の買収は少し堪えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree