Horace Silver氏逝去

6月18日にJazzピアニスト Horace Silver氏が85歳で亡くなった。

謹んで哀悼の意を表します。

訃報を聞いてから彼のアルバムを聞いている。私は有名な ”Song For My Father” を除くと50年代のアルバムしか持っていない。どのアルバムも好きだ。聞いていて心にスーッと入って来る。

ただファンキーで楽しいだけでない。叙情的で内省的な演奏も多い。

ブルーノートでの初リーダーアルバム ”Horace Silver Trio” の中の ”Prelude to a Kiss”

horace-silver-trio

とか”Finger Poppin'” の中の ”Sweet Stuff”などは静かで思わず聞き入りたくなる曲で私は好きだ。

finger

これ以外のアルバムも叙情的で静な曲が入っている。ただ7-8割の演奏がBud Powellから影響を受けたファンキーで乗りのいい曲であり、これがHorace Silverの本領だと思う。しかし彼のルーツであるBud Powellも心の中に浸みこんで来る叙情性ゆたかな演奏をしていた。Horace SilverはBud Powellのから多様な影響を受けていたのだとわかる。

そして50年代のブルーノートレコードのテイストを形作っていた要素のひとつがHorace Silverだと思う。  彼以外のミュージシャンのブルーノートの演奏を聴いても彼の姿や音が頭に浮かんで来る。それだけ影響力の強い演奏家であった。

Horace SilverはそもそもThe Jazz Messengeresのリーダーだった。The Jazz MessengeresといえばArt Blakeyだが下にあるように最初は ”Horace Silver and the Jazz Messengeres”というアルバムだ。このアルバムは1954年11月と1955年2月に録音されている。

JM

多分最初はArt Blakeyのサイドマンとして有名なNight at Birdlandなどで共演していたのだろう。そのうちにレギュラーグループを結成し音楽的な実力が上のHorace Silverがグループを牛耳って行ったものと思われる。その頃録音されたのが上のアルバムかも。

そして The the Jazz Messengeres の初アルバムが ”The Jazz Messengers at the Cafe Bohemia” だ。 1955年11月の録音。ここではグループ名にはブレイキーやHorace Silverの名前が入って居ない。前のアルバムの録音から1年足らずの間にアート・ブレイキーがグループリーダーとして除々に影響力を増して来たと思う。

JMatCB

Art BlakeyとHorace Silverのグループ内での力関係が実際どうだったかはわからない。Art BlakeyとHorace Silverの双頭コンボという形だったようだ。Horace Silverが音楽監督、Art Blakeyがビジネス面でのリーダーという役割分担でHorace SilverはArt Blakeyからギャラを受取っていたそうだ。 音楽的にはArt Blakeyより優れているのにArt Blakey使われるのに嫌気をさしたHorace SilverはArt Blakeyと袂を分かつ。The the Jazz Messengeres という名前を置き土産にして。

何故Horace Silverが The the Jazz Messengeres の看板を置いて行ったか?私なりの推測。

Horace Silverは職人肌のミュージシャンだからブランド戦略などということは考えていない。いい演奏さえすれば結果はついて来ると思っていた。一方でビジネス担当のArt Blakeyはおぼろげながらブランドの大切さを認識していたのではないか?

Horace Silverという音楽監督を失ったArt Blakeyはその後Benny Golsonを音楽監督に迎えるまで数年間にわたり不遇な時間を過ごすことになる。それでもしっかりと The the Jazz Messengeres の暖簾を守ってきたことがその後の成功に繋がる。

Horace Silverの超有名盤はやっぱりこれだ。私がJazzを聴き始めてかなり初期の頃買ったLPだ。

sfmf

無条件で楽しい演奏でありHorace Silverの作曲した曲もすばらしい。レコードが擦り切れるまで何度も聞いた。(実際には擦り切れてないけど 今でもちゃんと音が出ます。)

しかし70年代以降のHorace Silverの演奏を聴いた記憶がない。だいたい70年代はメインストリーム・ジャズが廃れてしまった。フュージョンやファンクなどが闊歩し私もそれらの音楽にのめり込んでいた。

そんなこともありHorace SilverやArt Blakeyを顧みることはなかった。

80年代になりWynton Marsalisを擁してArt Blakeyがメインストリーム・ジャズの再評価の扉を開いた。Horace SilverとArt Blakeyとの関係を考えると感慨深いものがある。

Horace Silverは超巨匠ではないものの燻銀のようなしぶさを持った準超巨匠と言える。

安らかにお眠りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree