しばしの充実感と脱力感

一般的に会社では分業体制をとっている。私の勤めていた会社もそうだった。設計が終了し試作品の評価が無事終わるとその後は生産技術に業務を引き継ぐ。私たち設計は量産出荷を待たずに次の製品の設計にとりかかる。もちろん量産工程で問題があると呼び出されて量産工場に行って不良解析することも度々であった。しかし生産技術に引き継いだあとは彼らが主管である。

しかし今回は最初から最後まで自分ひとりでやらないと進まない。やったことが無い作業もしないといけないのでとにかく時間がかかる。それでも最後の段階まで到達した。これで満足してはいけないが、それでも充実感がある。そして次の製品の開発にすぐに取り掛かれない脱力感。 今の製品の営業もしないといけないので次のの製品の開発にただちに100%の工数を割けないのだが、そういった都合のほかに精神的な脱力感がある。気持ちいい感じを味わっている。

私は健康のためにランニングをしている。この暑い時期は朝6時頃から1時間程度走る。走り終わった後に心地よい疲労と満足感がある。今はちょうどそんな感じ?

走った後はシャワーを浴びてから仕事に取り掛かる。それと同じように今回の充実感と脱力感を2-3日味わって次の仕事に取り掛かろう。シャワーは何にしようか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。