家の前の木に鳩(家内によるとキジバト)が1週間ほど前から巣を作って卵をあたためている。

木は玄関先に植えてあるので私たちが出入りする時には鳩も警戒すると思う。交通量は多くないものの道路に面して木が立っているので車や人が通るたびに身の危険を感じる筈だ。もうすぐ葉が落ちたら目隠しが無くなってしまうので外敵に襲われる可能性も増えると思う。すぐ近くの電柱にはカラスやトンビが良くやって来るので心配だ。

なにもこんなところに巣を作らないでもいいと思う。しかし事前にリサーチしてこの場所を選んだのだから鳩は安全に子育てができる環境だと判断したのだろう。私たちはずっと見張っているわけではないがパートナーが食べ物を運んでくることもなささうだ。飲まず食わずでずっと卵をあたためて居る。様子を見に一度近づいてみたが慌てることもなく毅然とした態度で卵を守っている。本当に健気だ。

hato2

家内と私は、無事雛がかえり健康に成長することを毎日祈っている。

と書いたあとでwikiを調べてみた。抱卵の期間は15-16日程度。もう1週間ほどすれば孵化するはずだ。さらに2週間で雛が巣立つ。それまでは木の葉は落ちないだろう。雌がずっとあたためていると思ったが雄と雌が交代で卵をあたためているそうだ。ちゃんと役割分担している。昼は雄、夜は雌が暖める。

雄は夜遊びに出掛けるのか、、 人間と同じ?

 

」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: NUMERIK用DACモジュール商品化 ~ 鳩、その後 | ソフィソナント・オーディオのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree