ハーツフィールドのある部屋

先日素敵なオーディオ愛好家のリスニング・ルームにお邪魔してしてきました。

秀太郎工房さんでスピーカー切替器を使っていただいているが、秀太郎さんから「スピーカー切替器に興味を持っている方が居るので連絡してみたら?」と紹介をいただいての訪問。

訪問して話を伺うとスピーカー切替器が必要ではないとのこと。ビジネスとしては残念だが凄いオーディオ・システムの音を聞かせていただき良い経験をしました。

リスニング・ルームは母屋と独立している専用の建物。オーディオ以外には何も無い非常に恵まれた環境です。部屋に入ると先ず目につくのがJBLのハーツフィールドとオリンパス。オリンパスが子供のように見えます。

当初、ハーツフィールドとオリンパスを切り替える?と思ったがハーツをオーディオ用に、オリンパスをTV用に固定して使用しているとのことです。実に贅沢なTV用スピーカーです。

ハーツフィールドは古い箱を手に入れ時間をかけて綺麗にし、ユニットをあきらめずに探して購入して完成させたそうです。ハーツフィールドの実物を見るのは初めてですがこんなに大きいとは思っていませんでした。

正面

 

下の写真はソース機器およびプリアンプ。CDプレイヤーはEMT981にAntelopeのクロック・ジェネレータを組み合わせています。

プリはマランツ#7。気に入った音質の固体を手に入れるために何台か交換したそうです。

手前のマッキン275はオリンパス用のアンプ。

ソース

 

 

パワー・アンプはOctaveのMRE130(多分) 真空管モノラルの超弩級アンプ。これも初めて聞きました。

Octave

 

オーディオについて色々と話をしながら音を聞かせていただいた。

部屋全体を包み込むような音で刺激的な音がしないのでいつまでも聞いていたくなる音です。私も定位や音場重視のスピーカーよりも空間を埋め尽くすような(変な表現ですが)スピーカーが好きなので話が合いました。

お話しを聞くとお金をかけて買い集めたのではなく、時間をかけて必要なものを汗を流しながらこつこつと揃えて来たようです。ここぞと思う時にはそれなりの投資をしたと思いますが、手間と労力を惜しまず若い頃からの夢を着実に実現されているように思いました。

普段聞いているCDを持って再び訪問させていただきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree